出会い系でセフレを作る中で女性との会話に困ったとき

出会い系でセフレを作ることは定番になってきた世の中ですが、なかなか女性との会話を楽しく続けることは難しいと思います。

実際に会ったわけでもなければ、全く情報が無い中ですぐに親しくなるには会話のスキルが必要になってくると思いますが、これがなかなか難しい………。

すぐに仲良くなることが出来れば、直接の連絡先を教えてもらえてポイントの節約にもなりますし、セフレだってはやく作れて一石二鳥どころか百鳥くらいあるわけです。

そこで、どのような会話を続ければネタに困ることは無いか?

すぐにセフレに出来るような会話ができるか?

そんなお話をしていきたいと思います。

女性との会話は長すぎず短すぎず

年配の方にありがちな行為になるようですが、「ひとつの会話が長すぎる」というのは女性からすれば返信が面倒になって疎遠になってしまう可能性もあるタブーな行為なのです。

とある男性のメッセージを例にして赤ペン先生してみましょう。

————-

「おはよう!今なにしてたかな?俺は仕事してたよ!◎◎さんはどんな仕事なのかな?今は何歳?彼氏はどれくらいいないの??どんな仕事している男性が好き?

ちなみにどこに住んでるの?俺は○○の近くだよ!最近は▼▼にハマってるんだけど、◎◎さんはどんなものが好きかな?仲良くなったら会えますか?返事ください」

————

どうでしょうか?上記のメッセージのどこが悪いのかわからない!ということであれば、今までセフレを作るのに最適なメッセージを送れていない可能性が高いです。

まず、質問が多すぎます。これでは女性は何から答えれば良いかわかりませんし、かなり一方的ですよね。

女性のことをいろいろ知りたいのであれば、ひとつのメッセージに質問はひとつ、多くてもふたつくらいにしておきましょう。

質問内容としても、年齢や住んでいる所など答えるのに多少警戒してしまうものは仲良くなれるまでは避けたほうがよいです。

さらに加えて赤ペン先生をすると、メッセージの内容が強引なのも気になるところです。

例えば「◎◎さんと仲良くなりたいのでいろいろ質問していいですか??嫌なことは答えなくて大丈夫ですよ^^」など一言挟むだけで印象はずっと変わります。

女性はなんだかんだで優しい男性が好きなものです。

とくに出会い系という基本的に文字だけのやりとりで優しさを感じさせることが出来れば

かなりの勝率でセフレを作ることができます。

文章でも自分勝手な男性であれば、「この人、自分勝手なセックスしそうだな」と女性に思われてしまいます。

それだけはなんとか避けて、優しい印象をつけられるように心がけましょう。

 

逆に短すぎる会話はどこがいけないのか?という部分ですが、これは若い男性に多いと思います。LINEなどの短文でのコミュニケーションがあたりまえになってきた昨今では、長文を打つのはなかなか難しいですよね。

でも長文を打つ必要は全く無いのです。返事+@くらいで全然問題ありません。

ここで一つの会話を例に赤ペン先生してみましょう。

——–

男:今なにしてた?

女:仕事してたよ!

男:そうなんだ!

——–

はい!まずこれ。これは女性が一番返事しにくい状況です。なぜなら女性が次のネタを考えなければいけないからです。

出会い系サイトは、男性はなかなか女性側からメッセージがくることは少ないと思いますが、女性はそれなりにメッセージがきます。

面倒なメールには返信しないという女性もおりますので、

この状況で+@が必要になります。

男:そうなんだ!普段は土日お休みなのかな?

これくらいでOKです。そうすれば女性はクエスチョンに回答するだけで大丈夫ですので会話を続けてもいいかな?と思ってもらえます。

そうなんだ!のあとは他にもいろいろなバリエーションがあります。

  1. そうなんだ!今日は何時までなのかな??
  2. そうなんだ!お仕事大変ですか?
  3. そうなんだ!忙しい時期なのかな?

これくらいなら簡単ですよね、出来るだけこちらから会話が盛り上げられるように努力しましょう。

基本的に聞き役のほうが良いかもしれません。女性の愚痴など聞いてあげると結構喜ばれます。あとは大事なのは「同調してあげる」ことですね。これは女性との会話でとても大切です。

女性に質問する⇒くいついてきた話題に同調する+@で何か質問をするという流れが最高です。

慣れるまでには時間がかかるかもしれませんが、この「コツ」はきっと出会い系でセフレを作るのに役に立つのでぜひ活かして、ドスケベなセフレをガンガン作ってしまいましょ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です