出会い系でイライラせずにセフレを作る方法

出会い系をやっていると、どうしても相手の女性にイライラしてしまったり、なかなかうまくいかない事もあるのではないでしょうか。

そんな経験のある方にはぜひ読んで頂きたいです。

 なぜイライラするのか?

イライラすることの第一位は、おそらく「女性が直接の連絡先を教えてくれない」ということではないでしょうか。

男性としては、ポイントもかかりますし一刻も早く直接の連絡先を知りたいところだと思います。

LINEだったり、カカオトークでしたり、メールアドレスでしたり様々かとは思いますが、

ちょっと待ってください。

仲良くなる前に聞いてしまってはいないでしょうか?

LINEは今の生活にとってかかせないツールの一つとなっております。

職場でもLINEグループがあったりする時代ですので、「本名」でLINEを登録している人は意外と多いです。

まだ仲良くもなっていない方にLINEを教えるというのは、実は結構ハードルが高いのです。

男性の皆様も、「とにかく早く直接の連絡先を知りたい!」という一心でLINEを聞いていると思いますが、実は結構リスクがありますよ。

本名で登録している方は、とくに注意が必要かと思います。

近所で出会いを探している方は、もしかしたら知り合いだったりするかもしれませんし、

会社の繋がりがある方が出会い系に登録している可能性だってあるのです。

もしLINEを出会い系で使いたい場合には登録名は本名にしない事をオススメします。

(例えば本名が「佐藤 弘」ならば、「さとう(ひ)」とか「ひろし(さとう)」とか微妙に本名を隠すような形にしるのが良いと思います)

男性でもここまでリスクがありますので、女性がLINEをあまり教えたがらないのはあたりまえなのかな?と分かっていただけましたでしょうか。

無駄なやりとりを発生させないためにも、いきなりLINE教えて?と送るのは、ご自身がイライラしないようにするためにも控えるが吉となりそうです。

カカオトークについて

カカオトークは出会い系をやっている人は結構登録している方が多いと思います。

(カカオトークを知らない方はぜひ検索してみてください)

LINEは教えたくない、でもLINEくらい簡単にやりとりしてみたい!という方にはぴったりですよね。

しかし女性側はカカオトークに登録している方は意外と少なかったりします。

それはどうしてか?答えとしては普段の生活でLINEだけで事足りているのに、わざわざ出会い系のためにカカオトークを入れたくない、メリットがないという実にまっとうな理由が大半です。

女性は男性と違って出会い系でポイントがかかることはほとんどありませんので、

LINEやカカオトークと同じように出会い系も使えてしまっているのです。

なので、わざわざ個人情報が漏れる可能性のあるLINEを交換する必要もありませんし、普段必要のないカカオトークを入れたりしたくないというのが本音だと思って良いでしょう。

それでは最後の要、フリーメールアドレスはどうか?今はなかなかメールでやりとりすることは少ないと思います。

相手の女性の方が30歳以上であれば、携帯でメールをすることにも慣れていると思いますが、20代の方ですとLINEに慣れ親しんでしまっているので、キャリアメールならまだしも、フリーメールの取得率はガクッと下がってしまいます。

「メールアドレス教えてよ!」というやりとりですら少し古臭く感じてしまいますので、それだけで女性はちょっと「めんどくさい」と切り捨てられてしまうかもしれません。

番外編として、電話番号をすぐに聞いてしまう方、これだけは絶対にやめましょう。

電話番号はなかなか変えることも出来ませんし、「え?!なんで電話番号?!」と警戒されてしまいます。

これではせっかく今まで使ったポイントも無駄になってしまいます。

それではどうしたら良いのか?

「女性が直接連絡先を教えてくれない」とイライラしているあなた、その気持ちは十分にわかるのですが、上記を読んで頂けたらどうして交換してくれないのか、ご納得して頂けるかと思います。

お金がかかってしまうのは非常に「痛い」ですが、そこはセフレを作るために我慢です。

警戒させることなく連絡先を聞き出すのは「仲良く」なるまでは難関かもしれませんが警戒心をといてセフレにするまではあっという間ですよ。

イライラせずに、気長にセックスできるまで頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です